スポーツマンに多い貧血について

理学療法士の前です😊

日常生活でよく聞いたこともある貧血

実はスポーツマンに多い内科的疾患なんです😱

スポーツによる貧血はパフォーマンス低下を招く可能性があります!

好きなスポーツをしたいのに貧血でできないとなるとすごく辛いですよね😂

ということで、今回は貧血についてブログを書いて行こうと思います!

◎目次
①貧血とは?

まずは、貧血について説明していきます🙌

日常生活やドラマとかでも

『貧血で倒れた!』

っていうシーンをよく見た事がありますよね。

実はその多くが貧血ではなく

血圧低下が原因となるので

貧血ではないことが多いみたいです😅

貧血とは、

血液の中のヘモグロビンが減少した状態のことを指します👉

ヘモグロビン

鉄を含んだタンパク質で赤血球中に含まれて

酸素を運ぶ重要な役割をしています💪

ヘモグロビンの減少は

酸素の運搬能力の低下を引き起こすので、

スポーツにおける貧血は競技力に悪影響を及ぼすことになります!

もちろん男女でヘモグロビン濃度も違うのも知っておきましょう!

②スポーツマンの貧血の頻度と原因

スポーツマンに多いとされる貧血ですが、なぜ多いか説明していきます!

スポーツマンにみられる貧血の原因は

鉄欠乏が多いと言われています。

スポーツマンの鉄欠乏性貧血の原因としては、

偏食などによる鉄分の摂取不足の他に、

発汗に伴う鉄分の排泄量の増加が関係しています!

最近は、炭水化物しかとらない

若いスポーツマンも多いので注意が必要ですね😱

もう1つ、貧血の原因としては

鉄欠乏性貧血の他に溶血があります!

溶血とはヘモグロビンが

赤血球内から溶出する現象のことを言います!

なぜ溶血が起こるかというと、

スポーツに伴って足底部に強い衝撃がくわわることによって

血管中の赤血球が傷つき、赤血球が壊れて溶けるからです💉

特に剣道ランナーが多いとされています!

③貧血の症状

気になる貧血の症状としては、

息切れ動悸めまい頭重感易疲労など様々です!

スポーツマンの場合は、

①なんとなく調子が悪い

②記録が伸びない

③練習ができない

といった訴えがあった場合、

以下の症状に注意して、貧血が疑われた場合は採血検査をすすめましょう!

◎貧血の症状

●全身症状

微熱、易疲労感、倦怠感、

頭痛、耳鳴り、めまい、

失神、筋力低下

●皮膚粘膜

蒼白

●呼吸循環

動悸、息切れ、頻脈

●消化器

食欲不振、下痢、便秘

●その他

無月経

④貧血の治療

鉄欠乏性貧血の場合は鉄剤を服用することが多いみたいです!

鉄剤は、水なしで服用すると

食道潰瘍の原因になることがあるので、

十分な水で飲み下すように注意が必要です!

鉄剤の副作用としては、

吐き気などの消化器症状が多いですが、

鉄剤の種類を変更したり、

服用量を減らしたりすると服用を継続できることもあります💊

また、日頃から偏食は避けて、

鉄分やタンパク質を十分に含む

バランスのとれた食事をとることが重要となってきます💪

なので、選手が日頃よく食べている物とかをチェックしておくのも1つの方法だと思います!

⑤最後に

今回は貧血について記事を書きました。

日頃からお菓子や麺類ばっかり食べている人は

1度食事習慣を見直してみましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございます!

質問やアドバイス等ありましたらコメント欄にお願いします!

>LINE@で気軽にメッセージ

LINE@で気軽にメッセージ

Reha sports.netはスポーツに関わっている選手や指導者、からだに悩みを抱えている方を全力でサポートします。LINE@では、個別で納得がいくまで質問や疑問に対応します。是非ご登録よろしくお願いします。

CTR IMG