Segond骨折について

こんにちは!

理学療法士の前(ryosuke_mae511p)です。

 

 

 

いつも記事を読んで下さりありがとうございます✨

Line@では記事の更新情報や医療健康情報を毎日お届けしています📮

友達追加して頂けると嬉しいです💚

友だち追加

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【発売日翌日以降お届け】Nintendo Switch Lite ターコイズ HDH-S-BAZAA
価格:21578円(税込、送料別) (2019/9/19時点)

 

最近は夜も涼しくなり一日の気温差があるので、

体調を崩さないように注意しましょう!

 

さて、今回の記事のテーマは

Segond骨折についてです。

 

医療職の方は一度は聞いたことがあるかと思います。

 

今回はSegond骨折について簡単に解説していきます。

☆ 本日の内容 📝

✔️Segond骨折とは?

✔️所見

✔️Segond骨折の有無でどうなるのか

 

 

Segond骨折とは?

まずはSegond骨折について説明していきます。

 

Segond骨折はACL受傷時に生じることが多いです。

 

ACL損傷の受傷形態には、

外反損傷

内反損傷

過伸展損傷

正中屈曲損傷

 

これら4つに分けられます。

Segond骨折は内反損傷時に多いとされています。

 

膝関節には関節包が存在します。

 

この関節包が内反ストレスなどによって

関節包が付着している脛骨外前方の剥離骨折が生じることがあります。

 

この剥離骨折がSegond骨折です。

 

ですが、最近膝関節に新しい靭帯が見つかったとされる

ALLanterolateral ligament)の停止部の剥離骨折だという報告も

あるのでSegond骨折についてはまだ明らかになっていない所も

あると思います。

 

所見

Segond骨折はX線像で確認できることが多いです。

 

通常のACL損傷はX線上正常です。

 

時にSegond骨折が発見された場合、

高頻度でACL損傷も生じていること多いです。

脛骨外側顆部の骨折(segond fracture)

写真引用:ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎

 

また、Segond骨折は骨折なので

脛骨前外側部の圧痛所見を認めることも多いです。

 

同じような所見で脛骨外側の骨挫傷も認めることも

ありますので注意しましょう!

脛骨外側顆の骨挫傷(lateral notch sign)

写真引用:ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎

 

Segond骨折の有無でどうなるのか

骨折を生じているとやはり気になるのが

膝関節の不安定性ですよね。

 

前外側機構が破綻しているので必ず不安定性が出現すると思います。

 

アスリートの膝でSegond骨折を認めた場合は、

ほとんどが整復して安定させるようです。

 

Segond骨折の有無で術後の後療法が変化することは

少ないと思いますが特に内反ストレスには

注意が必要だと思いますね。

 

 

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

また、Segond骨折について面白い事が分かれば
Twitterを中心にアウトプットしていきますので
よろしくお願いします。

また、Segond骨折について詳しく知っている方が
いましたら是非教えて頂きたいです。

 

まとめ☑Segond骨折はACL損傷時に生じることが多い。
☑関節包付着部の剥離骨折かALL付着部の剥離骨折かまだ議論の余地が必要。
☑術後の後療法に変化はないが、急性期の内反ストレスには注意が必要か。

 

>LINE@で気軽にメッセージ

LINE@で気軽にメッセージ

Reha sports.netはスポーツに関わっている選手や指導者、からだに悩みを抱えている方を全力でサポートします。LINE@では、個別で納得がいくまで質問や疑問に対応します。是非ご登録よろしくお願いします。

CTR IMG